2020/07/16

先月のZOOM座談会が精神科看護8月号に掲載されました

令和2年7月16日

先月仲間たちとZOOMで語り合った、医療従事者から患者への暴力・虐待について

精神看護出版から出版されている「精神科看護8月号」に掲載されました。

精神科に従事している者から患者さんへの暴力・虐待。

由々しき問題です。

この令和の時代になってもいまだに繰り返されています。

病院としての組織の問題、ストレングス・リカバリーという概念の大切さなどが語り合われました。

精神科看護8月号

ぜひお読みください。

・山形県立保健医療大学看護学科教授/WRAPファシリテーター 安保寛明

・金沢大学医薬保健研究域保健学系教授 田中浩二

・関西医科大学看護学科講師/WRAPファシリテーター 矢山壮

・らいず訪問看護ステーション管理者/精神科認定看護師 宮本満寛

・プラスワン訪問看護ステーション統括所長/精神科認定看護師/WRAPファシリテーター 松本和彦

・訪問看護ステーションReafくるめ所長/精神科認定看護師/WRAPファシリテーター 村尾眞治

・訪問看護ステーションおあふ所長/精神科認定看護師/WRAPファシリテーター 梅原敏行

・訪問看護ステーションルーナ所長 南香名

・訪問看護ステーションあいてらす太宰府管理者 鍋島光徳

・訪問看護ステーションりすたーと所長/WRAPファシリテーター 藤田茂治

・株式会社精神看護出版編集長 霜田薫

以上でお送りしました。

Copyright © 2016 beliefplusI Co.,Ltd. All Right Reserved.