2021/03/09

全国の仲間とZOOM座談会をしました

令和3年3月8日

全国のいつもの仲間とZOOMで座談会をしました。

久しぶりの仲間との座談会。

とても楽しい時間でした。

 

今回のテーマは「スタッフ教育」

 

精神科訪問看護師に求められるスキルとは?

ベテラン精神科訪問看護師とはいったいどんなスキルがあればいいのか。

感性や感覚、五感など、感覚的なもの、直感的なものが大切な精神科訪問看護師。

それをどう教育し、どう養っていくのか。

これは言語化しにくい難しい部分でもあります。

 

それぞれの管理者たちの考え、そして教育として学生を教えている立場での考えなどを話し合いました。

そして、果たして学校を卒業したばかりの新卒者を採用出来るのか、教育出来るのかという難しい話題にも。

しかし、この仲間たちの大半は、新卒者でも受け入れる、受け入れたいという答え。

なぜなら、、、

この話題はものすごく興味深く、看護の本質を突いてる議論になりました。

精神科訪問看護師に求められるスキル。

求められる人間像。

このメンバーたちで、精神科訪問看護のラダーを開発しようかという話題にまで。

とても深い深い議論でした。

いつものことながら、楽しいメンバーです。

 

宮本満寛:ライズ訪問看護ステーション管理者/精神科認定看護師

松本和彦:プラスワン訪問看護ステーション統括所長/精神科認定看護師/WRAPファシリテーター

村尾眞治:訪問看護ステーションReafくるめ所長/精神科認定看護師/WRAPファシリテーター

梅原敏行:訪問看護ステーションおあふ/精神科認定看護師/WRAPファシリテーター

南香名:訪問看護ステーションルーナ所長/WRAPファシリテーター

鍋島光徳:訪問看護ステーションあいてらす太宰府管理者

小成祐介:宮古山口病院地域支援室室長/精神科認定看護師の会会長/WRAPファシリテーター

安保寛明:山形県立保健医療大学精神看護学教授/WRAPファシリテーター

田中浩二:金沢大学医薬保健研究域保健学系精神看護学教授

矢山壮:関西医科大学看護学部精神看護学講師/WRAPファシリテーター

藤田茂治:訪問看護ステーションりすたーと所長/WRAPファシリテーター

霜田薫:精神看護出版編集長

 

以上でした。

雑誌「精神科看護」5月号に載ります。

必見です!!

 

Copyright © 2016 beliefplusI Co.,Ltd. All Right Reserved.