2017/05/15

埼玉県精神科アウトリーチ研究会の設立準備委員会を行いました

平成29年5月14日日曜日

埼玉県精神科アウトリーチ研究会を立ち上げるべく、第一回の設立準備委員会をさいたま市浦和区で行いました。

訪問看護ステーションりすたーと所長の藤田茂治が声をかけさせていただき

・埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科精神看護学教授の横山恵子先生

・国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 社会復帰研究部 部長の藤井千代先生

・埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科老年看護学教授の林裕栄先生

・山形県立保健医療大学大学院保健医療学研究科精神看護学准教授の安保寛明先生

・京都学園大学健康医療学部看護学科精神看護学准教授の矢山壮先生

・埼玉県吉川市にある精神科に特化した訪問看護ステーションけあっぐ管理者の片山尚貴さん

・埼玉県所沢市にある精神科に特化した訪問看護ステーションシェアライフ管理者の川本裕一さん

・埼玉県立精神医療センター精神科認定看護師の生山佳寿美さん

にお集まりいただき、とても中身の濃い議論を行いました。

国の制度への働きかけ、県の制度への働きかけ、精神科訪問看護やアウトリーチをされている人たちへの働きかけなど、とても深い話し合いが出来ました。

埼玉県の精神科アウトリーチが充実し、質の向上や顔の見える関係に、さらに、頑張っておられる方へのサポートが出来るように、アウトリーチ研究会は様々な活動を目指しております。

現在は設立に向けての議論を重ね、秋くらいには研究会の正式活動開始に向けていきます。

Copyright © 2016 beliefplusI Co.,Ltd. All Right Reserved.