2021/02/24

第19回埼玉県精神科事例検討会ZOOM特別講演会を開催しました

2021220

19回埼玉県精神科事例検討会ZOOM特別講演会を開催しました。

62名の参加申し込みをいただき、実際には55名の参加でした。

埼玉県精神科アウトリーチ研究会のメンバーで打ち合わせをし、始めてのZOOM開催を、特別講演会という形で行いました。

 

山形県立保健医療大学精神看護学教授の安保寛明先生に「怒りという感情について」というテーマで、メカニズムもお話いただきました。

人の特徴を理解すりという、人が人であるメカニズムからのお話で、とてもわかりやすく、そしてものすごく勉強になりました。

この講演会は、精神科看護4月号にも掲載されます。

後半は参加いただいた55人で情報交換会を行いました。

コロナ禍でさまざまな生活様式が変わっていく中で、みなさまの状況をお聞きできました。

コロナ禍で、人と会う、人と話すということが制限されており、このように人と交流出来る場はとても大切だなと感じました。

 

今回はZOOM開催ということで、埼玉県だけではなく、北は北海道から、南は神戸までの方々が広く参加してくださいました。

 

みなさまご参加いただき、ありがとうございました。

 

次回は58日の土曜日です。

次回は事例検討会を行いたいと思います。

会場で対面で行えるのか、ZOOMになるのかはわかりませんが、開催はします。

 

ぜひともご参加ください。

 

山形県立保健医療大学精神看護学教授の安保先生、ご講演ありがとうございました。

埼玉県精神科アウトリーチ研究会の主催でした。

 

埼玉県精神科アウトリーチ研究会会長

藤田茂治(訪問看護ステーションりすたーと所長)

Copyright © 2016 beliefplusI Co.,Ltd. All Right Reserved.