2018/06/19

精神科看護7月号の特集に事例検討会の取り組みが掲載されました

精神科看護7月号の特集「学ぶ場をつくる・広げる・つなげる」に、訪問看護ステーションりすたーと所長の藤田が立ち上げた「埼玉県精神看護・精神地域ケア事例検討会」の取り組みについて、巻頭で座談会として載りました。

IMG_9427

IMG_9423

埼玉県精神看護・精神地域ケア事例検討会は約2年ほど前に、埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科教授の横山恵子先生と一緒に立ち上げました。

立ち上げた当初は訪問看護ステーションりすたーとの事務所内で行なっていましたが、回を重ねるごとに人数が増えていき、現在は60名を超える方が参加してくれています。

IMG_9424

精神科医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、相談支援専門員、保健師、行政機関職員、ヘルパー、作業所職員、事務員、大学教員、看護専門学校教員、当事者家族会の方などなど、本当にさまざまな多職種の方が参加してくれています。

さまざまな地域で事例検討会は行われていますが、今回は埼玉県精神看護・精神地域ケア事例検討会を立ち上げ、運営していく上で藤田が工夫していること、上手くいっていることなどをおはなしさせていただきました。

IMG_9426

埼玉県精神看護・精神地域ケア事例検討会は懇親会への参加率も非常に高く、みんな仲良しの事例検討会です。

このような埼玉県の取り組みが特集になるのはとても嬉しく思います。

ぜひお読みください。

Copyright © 2016 beliefplusI Co.,Ltd. All Right Reserved.