2017/03/07

WRAPファシリテーターリフレッシャー研修に参加しました

平成29年3月4日、5日

リフレッシャー研修in川越@さかつるWRAP

主催:さかつるWRAP

メインファシリテーター:増川ねてる、まみさん

IMG_5461

IMG_5462

さかつるWRAP様主催の

「リフレッシャー研修in川越」にりすたーとの菊池が参加してきました。

 

菊池は、20142月に5日間のWRAPファシリテーター養成研修を修了しています。

リフレッシャー研修は、WRAPファシリテーターがWRAPクラスでファシリテーションをする上での不安や困りごと、カリキュラムを取り扱う上での概念や基本、諸注意を再確認するためにファシリテーター同士で学びあう研修です。

 

WRAPファシリテーターって何ですか?」

普段、このような問いをいただくことがあります。

 

WRAPファシリテーターは、

5日間のWRAPファシリテーター養成研修で取り扱う、「ファシリテーター研修マニュアル」(タウンページ位の厚み)で定められているカリキュラムに基づいて、WRAPクラス(ワークショップ)を運営し、進行することを学んでいます。

 

そのカリキュラムを取り扱う上で、「価値と倫理」や「ガイドライン」というものがあります。これらを無視してWRAPクラスを行うことはできません。

あらためて、価値と倫理やガイドラインの内容をていねいに読み解きながら、クラスやプレゼンテーションで意識して大切にすることや、注意すべき事柄を見直しました。

 

養成研修を修了してから、菊池が実際にWRAPクラスでファシリテーションをしたのは数回ですが、「価値と倫理」に書かれてある、

「その人の尊厳を尊重し、慈しむ気持ち、敬意、無条件の尊敬をもって接する」や、

「人々の経験を受け止め、肯定する」

「自分で決めること」を大事にしている自分がいたなぁ、と振り返り、

一歩一歩ファシリテーターとして成長している自分を実感します。

と、同時に、ガイドラインに定められている内容をさらに深く読み込み、メアリーエレン・コープランドさんが大切にしていることを忘れないように、意識していきたいと思います。

 

5月にはりすたーとでの2日間のWRAP集中クラス開催を控えています。

参加されるかたが、安全で安心して過ごせるように、準備してまいります。

IMG_5463

Copyright © 2016 beliefplusI Co.,Ltd. All Right Reserved.