当社について

about

メンタルサポート belief plus について メンタルサポート belief plus について

代表メッセージ

株式会社メンタルサポートbelief plus
代表取締役 藤田 茂治

【社名に込めた思い】日々、原点に立ち返るために

私たちは何のために仕事をするのか。お金のため。それもあります。しかし出発点は、「誰かの役に立ちたい」という純粋な気持ちだったのではないでしょうか。私の場合は「精神障害者の方が、自分らしく生活できるお手伝い」というものでした。
弊社の社名に入っている「belief」を日本語に訳すと「信念」という意味になります。仕事で人とあいさつする時は自分の社名を口にすることがあります。だから大事な信念を忘れないように、社名に「belief」の文字を入れたのです。おかげで自己紹介をするたびに、気持ちがシャキッとし、原点に立ち返ることができています。

【私の原点】精神科に特化した訪問看護ステーションの意義

十代の頃の私は、精神的に不安定な時期がありました。理由もよくわからないその孤独感と絶望感。そして理解されないもどかしさが生む悪循環の中、日々を過ごしていました。高校を卒業し、学費が安いという理由で国立の看護学校に入学しました。そしてそこで精神科の世界に出会ったのです。薬や施術だけではない、人を救うための、まったく違ったアプローチがあることに衝撃を受けました。実習に行くと、そこには以前の自分と同じように、周囲の理解が得られず苦しい思いを抱いている人たちがたくさんいました。
卒業後、大学病院の精神科や精神科単科の病院に就職。平成17年には精神科に特化した訪問看護ステーションの立ち上げメンバーとして立ち上げ、所長として活動をしました。 その後も日本の精神科医療や精神科訪問看護のためにたくさんの活動をしてきました。しかし、理解してもらえないもどかしさは続き、さまざまな誤解も受け、苦しい思いをしてきました。精神疾患を持つ方々を支援する側の立場にいて、さまざまな活動をしてきましたが、理解されない現実も多く感じました。
その活動から「この世界(精神科の業界)を何とかしなければならない」という思うが日に日に強くなっていきました。 「十代の頃に自分が感じた、あの辛い思いをする人を減らしたい。そしてもうこれ以上増やしたくない。」そんな気持ちが現在の仕事につながっています。

【これからのビジョン】精神障害者の自律のためにできること

超高齢化社会に向かって突き進む日本は、労働力不足が深刻な問題となっています。私は精神障害者さんの社会参加が、ひとつの答えになると考えています。退院した精神障害者さんを地域で受け入れる。そのための住む場所、働く場所を提供したい。現在は訪問看護ステーションという形態ですが、ゆくゆくはグループホームや、アパート・マンション経営、農作物の生産、そこで採れた食材を使っての飲食店といった事業を展開したいと考えています。
現在は私どもの考えに賛同してくださっている飲食店とさまざまなことでコラボレーションをしています。精神科医療と飲食店のコラボレーション。まだどこにもない新しい取り組みも始めています。そして、地主さん、農家さんとのコラボレーション。この取り組みが新しい精神科訪問看護の在り方を築いていくものと確信しています。 手を広げ過ぎと思われるかもしれませんが、すべて精神障害者さんたちが自律し、社会参加するために必要なこと。自分で稼いだお金で、自分の保険で、自分で生活をする。精神障害者さんの自律を少しでも後押しできたら、これ以上にうれしいことはありません。

プロフィール・活動内容はこちら