当社について

about

メンタルサポート belief plus について メンタルサポート belief plus について

代表メッセージ

株式会社メンタルサポートbelief plus
代表取締役 藤田 茂治

【社名に込めた思い】日々、原点に立ち返るために

私たちは何のために仕事をするのか。お金のため。それもあります。しかし出発点は、「誰かの役に立ちたい」という純粋な気持ちだったのではないでしょうか。私の場合は「精神障害者の方が、自分らしく生活できるお手伝い」というものでした。
弊社の社名に入っている「belief」を日本語に訳すと「信念」という意味になります。仕事で人とあいさつする時は自分の社名を口にすることがあります。だから大事な信念を忘れないように、社名に「belief」の文字を入れたのです。おかげで自己紹介をするたびに、気持ちがシャキッとし、原点に立ち返ることができています。

【私の原点】精神科に特化した訪問看護ステーションの意義

十代の頃の私は、精神的に不安定な時期がありました。理由もよくわからないその孤独感と絶望感。そして理解されないもどかしさが生む悪循環の中、日々を過ごしていました。高校を卒業し、学費が安いという理由で国立の看護学校に入学しました。そしてそこで精神科の世界に出会ったのです。薬や施術だけではない、人を救うための、まったく違ったアプローチがあることに衝撃を受けました。実習に行くと、そこには以前の自分と同じように、周囲の理解が得られず苦しい思いを抱いている人たちがたくさんいました。
卒業後、大学病院の精神科や精神科単科の病院に就職。平成17年には精神科に特化した訪問看護ステーションの立ち上げメンバーとして立ち上げ、所長として活動をしました。 その後も日本の精神科医療や精神科訪問看護のためにたくさんの活動をしてきました。しかし、理解してもらえないもどかしさは続き、さまざまな誤解も受け、苦しい思いをしてきました。精神疾患を持つ方々を支援する側の立場にいて、さまざまな活動をしてきましたが、理解されない現実も多く感じました。
その活動から「この世界(精神科の業界)を何とかしなければならない」という思うが日に日に強くなっていきました。 「十代の頃に自分が感じた、あの辛い思いをする人を減らしたい。そしてもうこれ以上増やしたくない。」そんな気持ちが現在の仕事につながっています。

【これからのビジョン】精神障害者の自律のためにできること

超高齢化社会に向かって突き進む日本は、労働力不足が深刻な問題となっています。私は精神障害者さんの社会参加が、ひとつの答えになると考えています。退院した精神障害者さんを地域で受け入れる。そのための住む場所、働く場所を提供したい。現在は訪問看護ステーションという形態ですが、ゆくゆくはグループホームや、アパート・マンション経営、農作物の生産、そこで採れた食材を使っての飲食店といった事業を展開したいと考えています。
現在は私どもの考えに賛同してくださっている飲食店とさまざまなことでコラボレーションをしています。精神科医療と飲食店のコラボレーション。まだどこにもない新しい取り組みも始めています。そして、地主さん、農家さんとのコラボレーション。この取り組みが新しい精神科訪問看護の在り方を築いていくものと確信しています。 手を広げ過ぎと思われるかもしれませんが、すべて精神障害者さんたちが自律し、社会参加するために必要なこと。自分で稼いだお金で、自分の保険で、自分で生活をする。精神障害者さんの自律を少しでも後押しできたら、これ以上にうれしいことはありません。

プロフィール・活動内容はこちら

りすたーと農業部の取り組み new effort

精神障害者さんたちの社会参加のために

当社では、新しい取り組みのひとつとして、飲食店などとコラボレーションし、精神障害者の皆さんが自立し社会参加するための活動を始めています。
これらの取り組みを事業化させることにより、利用者さんたちの働く場所を創出し、住む場所、生きやすい環境を提供していきたいと考えています。

スプラウトにんにくの栽培・販売

事業所で「スプラウトにんにく」を水耕栽培し、提携する飲食店から注文を受け、卸し販売や、アリオやイオンモールなどのワクワク広場というブースで水耕栽培のスプラウトにんにくを販売したりしています。 また、スプラウトにんにくをトマトベースのソースと煮込んだり、バジルペーストにしたり、燻製を作ったり、食べる方法も提案しています。
スプラウトにんにくは、普通のにんにくに比較して旨味も栄養価も高く、そして一番気になる匂いも消えるのです。(加熱調理をして熱を通すことによって食べた後2時間ほどで匂いはほとんど気にならなくなります。)テスト販売した際には大変好評を得ました。
青森県から取り寄せた最高級の福地ホワイト6片を使い、光や温度を徹底的に管理し、工夫に工夫を重ねてきたスプラウトにんにくは、いくつかの高級焼き鳥店でも好評いただいており、非常に高い評価をいただいています。あの甘味は一度食べたら病みつきになること間違いなしです。

スプラウトにんにくのご注文はこちら

スプラウトにんにく担当 高野・大貫・新井・藤田
048-782-9835(りすたーと事務所)
080-4162-8925(担当 高野)
ninnikujiiya@gmail.com

特製ジンの企画

■「木頭柚子」の特製ジン
徳島の木頭地方で作られている「木頭柚子」は、徳島のチベットと呼ばれている秘境なのです。
その気候を生かして生産されている「木頭柚子」はとても品質が高いのです。翠との相性は抜群で、翠の良い部分は消さず、木頭柚子の何とも言えないとても素晴らしい香りとのコラボレーションは絶品のジンに変身させます。 一口飲んでいただくと、木頭柚子の芳醇な香りが口に中に広がります。

■「ジャバラ」の特製ジン
全柑橘類の0.007%しか取れず、取れる場所や時期も少なく、とても希少価値の高い柑橘です。
しかも、アレルギーにとても効果のある「ナリルチン」という成分がとても豊富に含まれており、花粉症などに効果が抜群であると言われています。
ジンに漬けこむと、独特の香りと味を味わえ、絶品のジンに変身します。※ これらは試作の様子で、所長が全て飲んでいます(笑)